指値を通すには根拠を固めること。

物件検索サイトに載っている物件は、ほとんどが高すぎます。自分が目標とする利回りを確保するには、指値が必須です。

ただ、やみくもに指値しても、なかなか通りませんし、物件の仲介さんにも嫌われてしまうリスクがあります。

仲介さんに嫌われず、指値を通すためには、指値の根拠をしっかり固めることが大事だと思います。

中島亮さんの動画

中島亮さんという投資家さんがいます。本も出されている方です。地方で高利回りのアパートを買って規模拡大されてきた方ですね。

この方が楽待のyoutubeに出演し、指値交渉の現場を見せてくれているのですが、これが参考になります。7,500万円ぐらいから▲2,000万円ぐらいの指値を通しているのですが、「なぜその金額なのか」ということを詳細に詰めて、紙に落として、仲介さんに説明に行ってるんですよね。

融資も担当者レベルでは内諾を得ていることを説明してます。

最初は仲介さんも相当難色を示していたのですが、最後は相手側の仲介に話を持って行ってもらえることになり、最終的にはほぼ希望通りの金額で折り合いました。

これは明らかに、ただ▲2,000万円の指値をするだけでは通っていなかったでしょうから、根拠を固めることの大事さがわかります。

どエンド君のツイート

人気ツイッタラー不動産投資家のどエンド君の以下ツイートも参考になります。

通らないんかいw

という感じでもありますが、それだけ頑張ってもうまくいくことはまれだ、ということでしょう。地道にコツコツやって、たまに指値が通る、なのでコツコツ頑張りましょう、ということかと。

僕もしっかり指値の根拠を固めて、高利回り案件を創り出していきたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA