表面利回り30%超えのシェアハウスを手に入れてよかったことと、残念だったこと

ついに今年6月からシェアハウスが稼働し始めまして、7月末で満室になりました。ここに至るまでにはいろんなことがありました。

買った価格からの換算で言うと、表面利回りは30%超え。夢にまで見た「超高利回り物件」を手にした僕ですが、やはりというべきか、いいことばかりではありません。大変なこともたくさんありました。

超高利回りシェアハウス経営を初めてよかったことと、大変だったことを今日はご紹介してみます。

良かったこと:ほんとに相当なキャッシュフローが入ってくる!

これは言わずもがなですね。買う前には妄想でしかなかったわけですが、実際に入ってきます。結構びっくりです。月末近くになると、お客様皆様からざくざくとお家賃が振り込まれてきます。借金返済をしても、手元にはたっぷりお金が残ります。

こういう状態を作りたくて頑張ってきました。実際それが実現できたのは、ほんとによかったです。

大変なこと①:入居者さんからのクレーム・・・

シェアハウスで自主管理をしておりますので、入居者さんからのクレームは、直接僕に入ってきます。入居者さん同士の中が悪くて、大家さんの方から注意してください、とかね。そんなやつです。最初にクレームが来たときは、結構憂鬱になりましたよ。これ、どう対処すべきだろう・・・って、心配事が頭を占めていた感じでした。あー、こういうストレスと付き合っていかなきゃいけないんだなあ・・・と思ったものです。

最近は、クレーム慣れしきたのと、少しお客さんも落ち着いてきたこともあって、クレームは減っています。少なくともここ10日ほどは平和に過ごせています(笑)。こんな感じで、過ごせていけたらいいのですが・・・ 

大変なこと②:突然のトラブル!

あるお部屋のエアコンが突然止まってしまったことがありました。急きょメーカーの修理担当の方を呼んでみてもらったりしたのですが、やっぱりこういう突発的な対応は大変ですね。特に、僕は日中サラリーマンをしているので、日中に入居者さんからの電話応対をしなければならなかったりすると、大変です。

こういうのも、まあ、自主管理なんでしょうがないよなーとは思いつつも、大変なことです。

総じていうと、「やってよかった」

ま、大変といっても、想定の範囲内です。ざくざくキャッシュフローを稼いでくれていることを思えば、これぐらいは屁でもないです。それに、トラブルとかは対処にも慣れていけば、ストレスも激減していくはずですし。今は「成長痛」を感じているんだ、ぐらいにとらえたいなと思っております。これからも地道に一歩一歩成長していこうと思います。 

 ブログランキング参加してます~!よろしければ応援クリックお願いします!!


不動産投資 ブログランキングへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA